腰痛・膝痛・スポーツ障害・交通事故 西東京市・練馬区近郊で接骨院・鍼灸院を選ぶなら保谷駅徒歩2分痛みの専門院 東町接骨院・鍼灸院にお任せください!

腰痛・膝の痛み 痛みの治療ならお任せ下さい!

【痛みの専門院】東町接骨院・鍼灸院

      接骨・整骨・はり・きゅう・筋膜リリース・トリガーポイント・整体



腰痛・膝痛・肩・首の痛み・スポーツ障害・捻挫・肉離れ・交通事故による外傷・自律神経症状・不定愁訴群他
痛みが中々良くならない、早く改善させたい、安静や固定はしたくない。西東京市・練馬区・都内近郊の痛みや身体の事でお悩みの方、【痛みの専門院】東町接骨院・鍼灸院に是非ご相談ください。

受付時間

午前 09:00~12:30
午後 15:00~19:00

休診日

日曜日・祝日
水曜日・土曜日の午後

【痛みの専門院】東町接骨院・鍼灸院
東京都西東京市東町3-5-12
西武池袋線 保谷駅南口より徒歩2分
(来院エリア西東京市・練馬区・都内近郊) 
気軽にお問合せください

042-423-3226

西東京市・練馬区・都内近郊で痛みにお困りなら  西東京市東町・西武池袋線・保谷駅より徒歩二分  【痛みの専門院】東町接骨院・鍼灸院 

生理痛

現代女性のライフサイクルの変化に伴い、一生涯に経験する生理の回数は昔の女性に比べ初潮年齢の低下、出産数の低下、出産年齢の上昇、閉経年齢の上昇など様々な原因により約九倍(約450回)にも増えてきていると云われます。又、それに加え日常生活、仕事等のストレスにより生理周期の乱れ、生理に伴う諸症状の悪化を訴える方が増えています。また生理痛がきつい人ほど生理に対するマイナスイメージが強く、そのイメージ自体が脳に影響を与え悪循環の元にもなるのです。煩わしく辛い症状を少しでも軽減し、マイナスイメージを払拭していく事も重要となります。

生理痛の西洋医学での病理

女性のほとんどが経験するつらい痛みや様々な症状は、なぜ起きるのでしょう。その中で最も多い下腹部痛の原因は、排卵後に厚くなった子宮内膜で作られるプロスタグランジン(生理活性物質)の影響が大きいと言われています。

プロスタグランジンは子宮を収縮させ、子宮内の血液を外へ押し出す働きを促すように作用しますが、同時に痛みや炎症の原因物質でもあります。痛みの強さに個人差が見られるのは子宮内膜の厚さや、血液の排出の滞り状態に差があるからです。

そのため子宮内膜が厚い場合や血液の排泄が滞り円滑に行なわれない場合、プロスタグランジンの分泌量が必然的に多くなります。そのため子宮の収縮が過剰となり痛みの度合いも強くなります。また炎症・発痛物質であるプロスタグランジンは痛みの閾値を下げる作用(普段より痛みを感じやすくする)があるため様々な痛みの症状(頭痛など)を引き起こす原因にもなると考えられています。

医療機関での生理痛に対する治療は主に薬剤による対症療法となり根本的な治療は行なわれていないのが現状です。それではどの様にすれば、この悪循環を断ち切ることができるのか?東洋医学の考え方をご紹介します。

東洋医学での病理

血滞と生体バランス(中庸)

東洋医学では生理痛のような症状を血液の滞りと考えます。そして血液が滞った状態を血滞(けったい)や瘀血(おけつ)と呼びます。東洋医学ではこの血液の滞りを調べる代表的なものに腹診があります。腹診とは直接腹部をさわり硬結(硬いしこり)や圧痛、異常な緊張があるかを調べます。生理痛などの血液の滞りがある場合、下腹部や下腹部の脇などに小腹急結、小腹急満と呼ばれる硬結や圧痛が触診により確認されることが多く血滞や瘀血の重要な診断になります。

つぎに脈による診断法、脈診をおこないます。脈診はその人の身体全体が今どの様な状態にあるのかを脈の強さや速さなどを調べ虚実を診ていきます。虚実とは西洋医学でいう自律神経(交感神経・副交感神経)のバランス関係に近い物で、漢方では実症・虚症と呼びます。実と虚の関係はプラスとマイナスのような関係ですが、プラスの方向が増えれば良いというものでは無く、プラス・マイナスがゼロになることが最も気の流れや血液を含む体液がスムーズに流れる状態であり、この状態を中庸(ちゅうよう)と呼びます。
 

そしてプラス・マイナスに偏りが生じることで中庸の状態が崩れてしまうと体内バランスの乱れによる自律神経失調症や体液循環の滞りにより血滞や瘀血症状を引き起こしやすくします。そしてこの虚実のバランスを調整し身体全体の状態や体液循環を正すことで生理中の排泄機能を円滑にし症状を緩和させていきます。

骨盤の傾きによる生理痛

子宮や卵巣は靭帯や筋膜により骨盤に吊るされた状態になっています。そのため骨盤の不安定制や変則荷重による傾きなどにより骨盤内の張力バランスの異常が子宮・卵巣位の生理的な傾き(前傾前屈位)を歪めてしまいます。それにより排泄などの生理的機能が低下し、不調の原因となっている事があります。この様な場合、針による腹部や腰部の緊張緩和や骨盤を安定させる運動や変則荷重の改善指導を取り入れながらの治療が必要になります。

図Aは正常な骨盤位と子宮・卵巣位 図Bは左骨盤の前上方変位に伴う子宮・卵巣の変化

上図はかなり誇張したもので実際にはこの様に大きく変位はしませんが、不良姿勢や変則荷重により骨盤に傾きや不安定性(緩み)が生じ、それに伴い骨盤内部の靭帯や筋膜の張力バランスが崩れます。靭帯や筋膜により骨盤内部で吊るされた状態にある子宮・卵巣は張力バランスの異常により傾きや捻じれをおこし子宮後屈位などが生じ、スムーズな排血ができなくなります。それにより排血を促すためにプロスタクランジンの分泌量も増え痛みを強くする悪循環を引き起こすと考えられます。

生理痛に関連する症状・硬結・圧痛部位

生理痛の方の多くは中庸のバランスが崩れ様々な症状を呈します。中庸のバランスが崩れれば身体の循環障害を起こします。循環障害を東洋医学では気・血・水の流れの滞りと考えます。

気の流れが滞れば頭部に熱が停滞し、のぼせ・イライラ感・頭痛・胸部の違和感等の症状、血が滞れば腹部の緊張や硬結、水が滞れば、冷え(冷え性)・浮腫(むくみ)の症状が表われます。これは東洋医学で言われる頭寒足熱が逆転した症状で手足が冷え、のぼせの症状となります。

治療はこの逆転した身体のバランスを整え循環を正常な状態(中庸)に戻します。さらに腹部の緊張や硬結などの局所症状を取り除く事や、図に記した生理痛に関連するツボ(気海・関元・腎兪・血海・三陰交等)を用います。生理痛はこの様に局所の治療だけでは無く全身を整える事が治療には重要になります。

 

針灸治療は身体に優しく副作用の少ない治療です。

生理痛の患者さんの治療に実際に入ると、ひどい冷え性の方、腹部や背部の緊張やシミの様な症状が表われている方が多くずいぶん我慢されて来たのだろうと想像され、少しでも早く改善できればと考えます。
当院では東洋医学の基本理論である「気・血・水の流れを整える」を治療方針に、はり・きゅうを併用した身体にやさしい治療をおこなっています。また非薬物療法ですので副作用も少なく安心してお受け頂けます。はり・きゅう治療は定期的に治療されることで生理に伴う諸症状を和らげ、生理不順を正常化し何とも憂つなこの期間を少しでも快適にすごして頂きたいと考えています。又、自分の規則正しい生理周期がわかると事前に治療することで不安感もなくなり予防効果も期待できます。

針灸治療はベテラン女性スタッフが担当します。

針灸担当・東郷

身体の事なら私にお気軽にご相談ください!

  • 自律神経失調症
  • 不定愁訴症候群
  • 疲労・ストレス性疾患
  • 女性特有の症状
  • 各種痛みの疾患

身体の事でお悩みなら些細な事でもお気軽にご相談ください!

 

 

西武線沿線・西東京市・練馬区・埼玉・都内近郊で、腰痛・膝の痛み・肩痛・スポーツ障害・捻挫・肉離れ・交通事故等 生理痛・不定愁訴・自律神経症状 身体の事でお悩みなら西東京市・保谷駅徒歩2分【痛みの専門院】東町接骨院・鍼灸院までご相談ください!

お問合せはこちら

お問合せは、お電話またはお問合せフォームにて受け付けております。
まずはお気軽にご連絡ください。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

042-423-3226

腰痛・膝痛・スポーツ障害・交通事故(ムチウチ等) 
西東京市・練馬区・都内近郊で痛みによる症状で、お悩みの方は  西武池袋線 保谷駅南口・徒歩2分

【痛みの専門院】東町接骨院・鍼灸院へお気軽にご相談ください。

接骨・鍼灸・筋膜リリース・整体

はり・きゅう特設サイト

鍼灸治療サイト

はり・きゅう治療サイトを設けました。只今作成進行中
http://karada-kenkou.com

女性の方も安心、針灸治療

痛みの治療は筋膜がカギとなる

トリガーポイント治療

【痛みの専門院】     東町接骨院・鍼灸院

042-423-3226

住所

〒202-0012
東京都西東京市東町3-5-12

西武池袋線 保谷駅徒歩2分     【痛みの専門院】      東町接骨院・鍼灸院

主な来院エリア

西東京市(ひばりヶ丘・保谷・田無)・練馬区(大泉学園・石神井公園)・杉並区・中野区・豊島区・板橋区・都内近郊・朝霞市・新座市・和光市・清瀬市・東久留米市・所沢市・入間市・小平市・武蔵野市・他

営業時間

営業日
 
午前×
午後×××
営業時間

午前 09:00~12:30
午後 15:00~19:00

休業日

日曜日・祝日
水曜・土曜日の午後

042-423-3226