腰痛・膝痛・スポーツ障害・交通事故 西東京市・練馬区近郊で接骨院・鍼灸院を選ぶなら保谷駅徒歩2分痛みの専門院 東町接骨院・鍼灸院にお任せください!

腰痛・膝の痛み 痛みの治療ならお任せ下さい!

東町接骨院・鍼灸院【痛みの専門院】

      接骨・整骨・はり・きゅう・筋膜リリース・トリガーポイント



腰痛・膝痛・肩・首の痛み・スポーツ障害・捻挫・肉離れ・交通事故による外傷・自律神経症状・不定愁訴群他
痛みが中々良くならない、早く改善させたい、安静や固定はしたくない。西東京市・練馬区・都内近郊の痛みや身体の事でお悩みの方、【痛みの専門院】東町接骨院・鍼灸院に是非ご相談ください。

受付時間

午前 09:00~12:30
午後 15:00~19:00

休診日

日曜日・祝日
水曜日・土曜日の午後

東町接骨院・鍼灸院【痛みの専門院】
東京都西東京市東町3-5-12
西武池袋線 保谷駅南口より徒歩2分
(来院エリア西東京市・練馬区・都内近郊) 
気軽にお問合せください

042-423-3226

西東京市・練馬区・都内近郊で痛みでお困りなら   西東京市東町・西武池袋線・保谷駅より徒歩二分  【痛みの専門院】東町接骨院・鍼灸院 

交通事故外傷治療

自賠責保険(加害者の強制保険)での施術は医療機関・接骨院・整骨院での窓口負担は基本的には何処で受けられても自己負担額かかりません。

交通事故による負傷は痛みの治療専門院にお任せください。

ここでは交通事故外傷で最も多い、むち打ち症を例にしていますが、腰や背中などの痛みの原因も同様です。

軽度の衝突事故でもなぜ症状が重いのか?

交通事故による負傷は衝撃という強い力が加わるため通常のケガより深層部の損傷も多くなります。それは通常の負傷ですと受け身の体制や身体に力を入れるなどの防御姿勢をとります。しかし車などの後方からの衝突は特に身体は無防備な状態にあり、例え軽い衝撃であったとしても、予期せぬ出来事に身体が不意打ちを突かれ防御できずに衝撃をそのまま受け入れてしまうからです。

追突事故のケガが複雑になる訳

後方衝突の場合、追突直後(第一インパクト)に首は達磨落としのように後方にスライド(せん断応力)しながら過伸展します。さらに今度は反力で前方に身体が投げ出され首が引き抜かれるように屈曲し、そのさいシートベルトによる片側の固定により捻じれも発生します。この様に無防備な状態での複雑なインパクトが首のみならず身体に加わるのです。

むち打ち症(外傷性頸椎捻挫)

交通事故災害で一番多い症状がむち打ち症(外傷性頸椎捻挫)です。むち打ち症は様々な症状、首の痛み・手のシビレ・頭痛・めまい・吐き気などを引き起こす原因にもなります。これらの症状は首の神経根や自律神経(バレリュー症候群)による症状と一般的には考えられています

レントゲンや画像には写らない

様々な症状の原因となるむち打ち症ですが、病院のレントゲン検査では、ほとんどの場合、顕著な異常が写る事はありません。もし大きく骨がずれていたり、骨折を伴うような所見が画像検査であるのならば緊急搬送され外科的処置になるでしょう。一般の足首捻挫でもレントゲンなどの画像検査では靭帯や筋肉などの損傷は写らないようにむち打ち症も痛みがあるにも関わらず原因を特定するのは医療機関でも難しいのです。そのため痛みを訴えているにも関わらず骨に大きな異常がなければ治療法は対症療法(痛み止めや注射)に成らざるえ無いのです。これはむち打ち症だけでなく腰部捻挫なども同じことです。

治療しているにも関わらず改善されない

薬を服用・電気治療・マッサージ・コルセットなどの治療をうけても改善されない・完全に治りきらない方が大勢います。初期の症状でしたら安静や鎮痛剤などで炎症症状がある程度おさまれば少し楽になることが有ります。また筋緊張があれば電気療法やマッサージで一時的にその場は和らぐでしょう。しかしなぜか治らない?それは局所に対する炎症処置や緩和処置だけでは改善されない事があるからです。

痛みを止めるだけでは根治には至らない

医療機関で痛み止めなどの服用で症状は治まることもあります。しかし痛みが治まっても事故により歪められた軟部組織や結合組織(筋膜)が元の状態に修復されていない事が多く、一端は治ったかに思えた症状が数か月や数年後に後遺症として痛みや頭痛を発生させてしまうことがあるのです。交通事故にかぎらず治療は痛みを止めることだけでは無く、ダメージを与えられた組織を元の状態に修復させるのが重要であり、その事が事故後の後遺障害を左右します。

広がる痛み

最初は首だけの痛みだったのに腕や背中などに痛みやシビレが後から発症する事があります。しかし検査をしても大きな異常はみられない場合が多くあります。このようなケースは良くありますが、医療機関では検査で異常が無いので「骨には特に異常はありません」と言われ痛み止めや湿布などを処方されるに留まります。この様なケースは痛みがあるにも関わらず所見としては異常がないため保険会社などは保険の打ち切りを要求されるケースもあります。前述した様にむち打ち症や腰部捻挫などは画像所見として異常を診つけることは難しく治療法も限られてしまいます。それは骨や神経には本当の原因は無く軟部組織や結合組織の筋筋膜系に問題があるからです。

筋筋膜の異常・筋膜の歪み・筋筋膜性症候群(トリガーポイント)

事故の衝撃で身体には、せん断力・けん引力・捻じれの力が加わることで靭帯・筋肉・それを包み込む筋膜系にダメージが残り筋膜の歪みやトリガーポイント(硬いシコリ)が形成されます。自然修復されれば問題はないのですが、修復が上手くいかなかった場合、痛み、筋肉などの収縮の低下などの症状のほか関連痛・筋膜連鎖といわれる腕や背中などの離れた場所にも痛みやシビレ感を発症させます。また首の前部(胸鎖骨乳突筋)などに筋筋膜のダメージがあれば耳鳴り・めまい・頭痛・吐き気などの症状が出現します(これらの症状を筋筋膜性疼痛症候群という)。実際の事故による症状はこの筋筋膜の異常からくるものが多いのです。そして画像所見ではこの異常は診つけられないので一般の医療機関では治療対象にはなっていないのです。

※筋筋膜症候群 筋筋膜のダメージにより筋膜にかたよりができトリガーポイント(筋筋膜に硬いシコリなどができる)が発生し、それを起点に様々な症状を引き起こす。

※首から腕や背中に広がる痛みやシビレ感・めまい・頭痛は神経症状では無く、筋筋膜による関連痛や筋膜連鎖によるものが大半を占めていると考えられます(検査で大きな損傷が無い場合)。

 

むち打ち症で見落とされる不定愁訴の元(胸鎖乳突筋)

胸鎖乳突筋、関連痛

赤丸で囲われた部分が胸鎖乳突筋赤い部分は胸鎖乳突筋の筋筋膜の異常から来る放散痛(関連痛)

交通事故での鞭打ち症で最も障害を受けやすく不定愁訴の原因ともなっているのが胸鎖乳突筋です。それは事故による第一インパクトにより首が過伸展するさい前部にある胸鎖乳突筋が急激に伸ばされ強いダメージを受けるからです。そしてダメージは胸鎖乳突筋の筋筋膜に影響を及ぼし様々な症状を発生させます。

しかし胸鎖乳突筋は多くの症状を発生させるにも関わらず胸鎖乳突筋自体に痛みを感じることは余り無く(触診により圧痛は確認できる)他の部位へと痛みを放散させるのです。そのため胸鎖乳突筋の異常は見落とされてしまいがちで後遺障害を残す事になることが多く、治療しなければ数か月、数年も症状が続くことにもなります。胸鎖乳突筋に発生した筋膜の異常は痛みだけでは無く、その近くを走る自律神経(迷走神経)にも影響し様々な症状を引き起こします。

胸鎖乳突筋の筋筋膜の異常による様々な症状
  • 頭痛、顔面部の痛み(頭頂部・後頭部・耳の後ろ・目の上・眼球深部の痛み)
  • 首の肩の凝り感
  • 吐き気、めまい(めまいはメニエール病と誤診される事もある)、ふらつく
  • 難聴・耳の深部痛・耳鳴り
  • かすみ目、眼輪筋のけいれん

一般的に、この様な症状は外傷性頸椎捻挫(むち打ち症)による自律神経(バレリュー症候群)の異常からくるものとされていますが、胸鎖乳突筋の筋筋膜性の異常が原因であることが多いと考えられます。

首からの神経根症状と間違われる斜角筋からの症状

×印が障害された斜角筋の位置。ここを起点とし首・肩・腕・背中・胸部と様々な症状を発生させる。(図の赤い部分は典型的な放散痛の部分)

斜角筋は胸鎖乳突筋と同様、首の前方に位置するため交通事故では第一インパクトを受け損傷の多い筋肉になります。ダメージにより斜角筋の筋筋膜に異常が発生すると広い範囲に痛みやしびれを引き起こします。

斜角筋は胸鎖乳突筋の奥に隠れているため痛みの原因であることは気づかれにくく、また斜角筋自体は自発痛を殆んどの場合出さない(触診により圧痛は確認できる)ため見落とされ易いのです。そのため医療機関では首のダメージによる神経根症状と誤診されることが良くあるのです。

斜角筋の筋筋膜の異常は右の図の様な痛みやシビレのほか、腕や手の機能が低下し、物を予期せず落としてしまう様な筋力低下症状(注1)がでることがあります。

注1.筋筋膜に異常が発生した斜角筋は緊張収縮し、第一肋骨を鎖骨側に引き上げ、この部分を通る神経や血管を圧迫し痛み・シビレ・異常感覚・筋力低下を引き起こします(胸郭出口症候群での肋鎖症候群)。

痛みだけで無く後遺障害を残さない治療をこころがける

画像所見により骨や神経などに大きな損傷があれば外科的処置が必要となり接骨院や鍼灸院では適応範囲外でしょう。しかし検査などで大きな異常がなければ筋筋膜系の問題である可能性が高いのです。医療機関は筋筋膜系の治療法は痛み止めや湿布による処置が殆んどです。これは画像検査では異常が確認されない事と筋筋膜系は重要視されずに時間が経てば治る物とされているからです。しかし実際は不完全に修復された筋筋膜系の異常は後遺障害としても後々の問題にもなってしまいます。また筋筋膜の治療は一般的なマッサージや電気療法では改善し難く治療には筋筋膜系の知識と技術が必要になります(一般の医療機関・接骨院・整骨院では施術できません)。
交通事故による損傷は痛みを早く取り除く事も重要ですが、後遺障害を考慮した治療が重要となります。それは数年後に現れるものも多くあるからです。それは修復されずに残存した筋筋膜系の歪みが関与している事が多いと当院は考えています。事故の損傷は複雑でもあり、また精神的なダメージも考慮した治療も必要になります。事故による負傷・治療を受けているが思わしくない・今の治療に納得できない・後遺障害が心配 その様な方は当院へご相談ください。

 

西武線沿線・西東京市・練馬区・埼玉・都内近郊で、腰痛・膝の痛み・肩痛・スポーツ障害・捻挫・肉離れ・交通事故外傷など 痛みでお悩みなら西東京市・保谷駅南口徒歩2分【痛みの専門院】東町接骨院・鍼灸院までご相談ください!

お問合せはこちら

お問合せは、お電話またはお問合せフォームにて受け付けております。
まずはお気軽にご連絡ください。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

042-423-3226

腰痛・膝痛・スポーツ障害・交通事故(ムチウチ等) 
西東京市・練馬区・都内近郊で痛みによる症状で、お悩みの方は  西武池袋線 保谷駅南口・徒歩2分

【痛みの専門院】東町接骨院・鍼灸院へお気軽にご相談ください。

接骨・鍼灸・筋膜リリース

女性の方も安心、針灸治療

痛みの治療は筋膜がカギとなる

トリガーポイント治療

【痛みの専門院】     東町接骨院・鍼灸院

042-423-3226

住所

〒202-0012
東京都西東京市東町3-5-12

西武池袋線 保谷駅徒歩2分      東町接骨院・鍼灸院
  【痛みの専門院】

主な来院エリア

西東京市(ひばりヶ丘・保谷・田無)・練馬区(大泉学園・石神井公園)・杉並区・中野区・豊島区・板橋区・都内近郊・朝霞市・新座市・和光市・清瀬市・東久留米市・所沢市・入間市・小平市・武蔵野市・他

営業時間

営業日
 
午前×
午後×××
営業時間

午前 09:00~12:30
午後 15:00~19:00

休業日

日曜日・祝日
水曜・土曜日の午後

042-423-3226